« 私の愛用VAIOは、一昔前のフラグシップモデル。 | トップページ | NHK大河ドラマ「篤姫」を観て思うこと »

「新幹線」から...

テレビ朝日の朝の番組で「ちい散歩」、ありますよね。散歩は好きなものですから、DVDレコーダーで録画して、休日にまとめて見ています。「ぶらり途中下車の旅(日本テレビ)」同様、だいぶネタが尽きてきた感があります。それでも日進月歩の世の中、散歩のネタに事欠くことは無いのかもしれません。JCOM東京でも、鈴木梢さんが、府中・小金井・国分寺という狭いエリアでも、「きまま旅」という散歩番組をやっているくらいですから。晴れたら散歩、みなさんもいかがですか?と宣伝まがいの記事はここまでにして、本題へ入りたいと思います。

撮りだめした「ちい散歩」を見ていましたら、「昭和散歩・新幹線」というテーマがありました。新幹線は、おかげさまで「東京ー新大阪間 3時間10分」の頃から、母の実家がある関係で年に2回~4回利用して参りました。興味をもって観ていると、国立の鉄道総研前にある新幹線0系車両が映ったのです。小金井に越す際、「国立の鉄道総研が近いなぁ」と上司がぽつり言ったのを思い出し、最近、サイクリング兼散策で行くようになりました。つい先日も通りましたが、まさか、新幹線に関する資料館であったとは知りませんでした。研究所の職員が使用する喫茶スペースかと思っておりました。

なあんだ、入ってみれば良かった。雨も降っていたことだし。

そう、その日は小雨まじりの日でした。10月の第2土曜日。鉄道総研では年に1回の一般公開をやっていました。この公開は地元市民との交流を目的としており、「平兵衛まつり」として地元市民と一体となったお祭りを実施しています。地元(国分寺市)のお隣市民である私も、いいかな?と思って娘とじいちゃんを伴って出かけました。ミニSL運行や新しい電車の展示の他、地元の方たちのコーラスの発表会、研究所の方たちによる子供を対象としたゲームやNゲージ・HOゲージの運転会と、様々催されていました。娘もそれなりに、楽しめたと思います。でも、正直、疲れました。広いんですもの研究所は。国立駅からもちょっと歩くし(バスに乗るには近すぎる)。

あくまでも地元との交流を目的にしたイベントですので、個人的に研究をされている方を除いては、遠くからいらっしゃられても疲れるだけかな。近所の商店街のお祭りに行くようなものですから。

尚、このお祭りは、直前に国立駅や地元商店街に告知される以外、全く広報されません。

地元のお祭りですから。ご理解の程を。

じゃ、また。バイビー。

|

« 私の愛用VAIOは、一昔前のフラグシップモデル。 | トップページ | NHK大河ドラマ「篤姫」を観て思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527246/43130980

この記事へのトラックバック一覧です: 「新幹線」から...:

« 私の愛用VAIOは、一昔前のフラグシップモデル。 | トップページ | NHK大河ドラマ「篤姫」を観て思うこと »