« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年3月

当たったー! 新・一番搾り

嵐に乗って、宅急便が「キリン 新・一番搾り 生ビール」を運んで来ました。

夜、子供も寝た後、満を持してグラスの中へ、「新・一番搾り」を注ぎました。

横浜ビアビレッジの工場見学で習った「三度注ぎ」で、慎重に泡を盛り上げて、

beer乾杯!

美味しい!澄みきったうまさというのでしょうか。

後味すっきり、雑味なし。あっという間に呑んでしまいました。

これは、何杯でもいけます。

麦芽100%といえば、どうしても重たく感じるのに・・・。

是非、皆さんもお試し下さい。

今月、出荷分から順次入れ替わっていくそうですので。

最初に呑む時は、晩酌や食前酒としてではなく、

「新・一番搾り」だけを、じっくり堪能されることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば、ブルーとレイン。さらば、夜行列車。

神風か。

通勤通学を直撃した強風が、東京行き最終の「富士・はやぶさ」号にロスタイムを与えた。

新幹線に乗ることは多かったが、ブルートレインは40年の人生の中で縁が遠かった。憧れは、永遠に憧れのままになってしまった。

寝台特急だけではない。

東京発の大垣夜行。今は、「ムーンライトながら」と称しているが、本日3月14日のダイヤ改正で、多客期のみの「臨時列車」に降格した。(※新宿発着の「ムーンライトえちご」も同様に降格)

本当に寂しい。

東京駅の9・10番線ホームを発着する優等列車は、「踊り子」と「サンライズ」のみ。夜行列車は、「サンライズ」のみ。時代の流れとは言うものの、旅の選択肢は減るばかり。

“移動を楽しみ、物思いにふける”

こんな贅沢は、もう過去のものなのだろうか。

贅沢などではない。人間が人間的であるための重要な時間を失っていく日本人。世の中はどうなってしまうのだろう。

鉄道の旅は、はじまりがあれば、必ず、終わりがある。

今、万感の想いを込めて、笛が鳴る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »